池袋 回春 風俗【エステ屋女将のひざまくら】

池袋 回春 風俗【エステ屋女将のひざまくら】
早乙女あんなさんあのkaku-butsuさんで当店歴代最高得点を獲得!!

TEL:03-6907-063903-6907-0639

イベント情報

さ行

2017-03-05 07:44

サービスタイム(さーびすたいむ)

:ラブホテルの休憩時間延長サービス。ほとんどが平日の昼間に適用される。

ちなみに風俗街にあるラブホテルはホテルなのに宿泊を受け付けていないところもあります。



サービス料(サービスリョウ)

:ソープ用語。ソープでは受付で入浴料を払ってサービスの終了後にはサービス料というキャストに直接払う料金がある。

なぜ二段階の料金体系にしているかというと、建前上はソープは個室付の特殊浴場なので、風呂に入るだけであまりに高額な料金を請求できないからわざわざ二段階にしている。通常サービス料はキャストのお給料になる。ホント日本は建前社会ですね。

ちなみに駅前ソープでは何故か二段階でなくて総額のところが多いです。



ザーメン(ざーめん)

:精子のこと。主に発射された精子のことを言う。ちなみにザーメンプレイとは精子を女性にかけたり飲ませたりするプレイのこと。

ちなみにザーメンプレイ専門店も存在します。



座位(ザイ)

:男性が座った状態で女性が大腿のあたりに座って挿入をする体位。

対面座位と背面座位がある。対面座位は男女が向き合ってする行為。背面座位は女性が後ろ向きな状態。

対面座位は男女が向き合えるのと挿入部が見えるという意味で愛情とエロさが味わえる体位で人気の体位である。

ちなみに流れるプールでよくみる体位である。



最低保障(サイテイホショウ)

:風俗店で勤務時間内にお客に付くことができなくても貰える最低限のお給料。払う店は少ないが、実際に払っている店もある。

ちなみに待機時間によって変動する待機時給などという制度もあります。



竿(サオ)

:ペニスの俗称。

ちなみに竿屋ではペニスは売っていません。



サオ師(サオシ)

:AV男優の俗称。

ちなみにAV男優だけで生活するのはかなり難しいらしいです。



先走り汁(サキバシリジル)

男性が射精する前に分泌する粘液。射精前の快感に耐えている(我慢している)ことからこう呼ばれる。

同:カウパー氏液。ちなみに
射精前に分泌さが、ごく微量の精子を含むので妊娠の可能性がある。



さげまん(サゲマン)

:性行為を行った相手の男性の運気を下げる女性のこと。反:あげまん

ちなみにサゲチンとサゲマンが合体しても運気が上がるかどうかは聞いたことがありません。



サセ子(させこ)

:簡単にセックスをさせる女性のこと。同:ヤリマン。

ちなみに美人な硬い女性より不細工なサセ子の方が持てます。



サック(さっく)

:コンドームの別称。指サックとは異なる。

ちなみになぜか洋物AVはゴム無しが多いです。



雑費(ザッピ)

:キャストがお店に払う雑多な費用のこと。タオル代やローション代がこれにあたる。

ちなみにソープでの雑費はけっこう高いです。



サディスト(さでぃすと)

:精神的、肉体的に相手を痛めつけることで性的快楽を得るひと。同:S、サド

ちなみにSMではSプレイをする方が断然料金が高いです。



サド(さど)

:サディストと同じ

ちなみに女性は基本的にMの方が多いです。



猿轡(サルグツワ)

:相手に声を出させないように口に押し込むもので、後頭部で結わいたりする。SMでは相手を凌辱する道具として用いる。

ちなみに舌を噛み切って自殺をさせないようにする道具でもあります。



サロン(さろん)

:ピンクサロンのこと。

ちなみにピンサロは法律上は飲食店扱いです。



3P(サンピー)

:3人でセックスをすること。特に男女比は問わないし、同性同士で行うこともある。昨今のフーゾク店では女性2人とお客1人というプレイに人気がる。女性が2人つくので料金はかなり割高だが、なかなか日常で味わえない経験からか需要はある。

ちなみに男2人女1人だと使用を禁止しているラブホテルがほとんどです。



自慰(ジイ)

:自分自身で性器を刺激して性的満足感を得る行為。同:オナニー

ちなみに自慰をやり過ぎると健康に悪いというのは都市伝説です。



Gスポット(ジースポット)

女性の膣の中のお腹側にあると言われている性感帯。一般的には中指を入れて指を折り曲げたところにあるらしい。サザンの曲名にも登場する有名な性感帯。マンピーのGスポット。ちなみにほとんどの女性はGスポットよりクリトリスの方が感じます。





潮吹き(シオフキ)

:元々は女性がオーガズムに達したときに無色透明の液体がまるでクジラが潮を吹くように噴出することを指していたが、昨今では男性でも潮を吹くことがわかり、フーゾク店のプレイのひとつにもなっている。男性の場合は射精直後に亀頭を刺激し続けることで稀に潮を吹くが、快感というより苦痛に感じる人も多いという。潮を吹けるか吹けないかは体質によるところが大きい。

ちなみに潮の成分は限りなく尿に近いそうです。



直引き(ジカビキ)

:フーゾク店のキャストがお店を通さずに個人的にお客と会いサービスを直接提供すること。お店の取り分が無いからキャストとしては稼ぎが大きいが、トラブルに巻き込まれたときにお店が助けてくれないからリスクが伴う。

ちなみにこれを防ぐためにお客との連絡先の交換を禁止している店は多いです。



視姦(シカン)

:相手をいやらしい目で見て精神的に犯すこと。

ちなみに見るだけなので犯罪ではありません。



死姦(シカン)

:死んでる人間とセックスをすること。このプレイはさすがにフーゾク店でもできませんね。

ちなみにこれが好きな人は医者や死体処理業者など死体と接する機会が多い職業が多いらしい。



時間内無制限(ジカンナイムセイゲン)

:プレイ時間内であれば何度も射精して良いこと。絶倫の男性なら喜ばしいサービスである。

ちなみにキャストにはあまり喜ばれません。何度も発射させるのは大変だからです。



四十八手’(シジュウハッテ)

:日本古来から伝わるセックスの体位のこと。48種類の体位があることからこう呼ばれるが、実は100種類以上もある。ただ、そんなにたくさんの体位があっても現在行われているのはほんのわずかである。今ではそこまで体位を変えなくても他にセックスのバリエーションが豊かになるものがたくさんあるからだろうか。

ちなみに手コキ四十八手というのも存在します。



私娼(シショウ)

:公的機関から承認されていない娼婦のこと。簡単にいえば個人営業の売春婦。

ちなみに日本では私娼も公娼も法律で禁じられています。



下付き(シタツキ)

:女性器が下(肛門側)にあること。バックをするのには適してるが、正常位ではなかなか奥まで届きにくい。

ちなみに上でも下でも締まりに違いはありません。



時短(ジタン)

:フーゾク店で規定のプレイ時間より早くサービスを終えること。一般的に「地雷」と呼ばれるキャストの特徴でもある。 

ちなみに店舗型のお店ではあまりされません。



69(シックスナイン)

:男女が抱き合った状態のまま頭と股間を互い違いにして愛撫すること。数字の6と9のような状態に似ていることから由来。今では誰でもするような基本のプレイになっている。

ちなみにこの体勢を男が上になってやるととても嫌がられます。



児童買春ポルノ禁止法(ジドウカイシュンプルノキンシホウ)

:正式には児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律。ニュースなどでは児ポ禁法と略されることもある。

18歳未満の児童に関する買春、ポルノを規制する法律。国際的にみて日本が児童ポルノに対して寛容というか、規制が甘いことを非難されたことがきっかけとなって議員立法として成立。どこからがポルノなのか、18歳未満では年齢が高すぎるのではないかなど様々な議論があり未だ判断基準が曖昧。また、漫画やアニメなどに登場する非実在児童に対する規制なども叫ばれているが、表現の自由との兼ね合いもありなかなか議論は先に進んでいないのが実情である。

ちなみに風俗関係で最も取り締まりが厳しいのが未成年関係の事案である。



自涜(ジトク)

:自分で性器を刺激して性的快感を得ること。同:オナニー、自慰、手淫

ちなみに一般的にはほとんど使われない言葉です。



指名(シメイ)

:水商売やフーゾクでキャストを指名すること。特に2回目以降の指名は本指名と呼び、通常より高い指名料がかかる場合が多い。

ちなみに指名をされないとどのジャンルでも稼ぎは悪くなります。



指名料(シメイリョウ)

:指名することによって発生する別料金のこと。たいていのお店ではこの指名料はキャストに全額バックされる。類:本指名

ちなみに最近ではキャストのランクによって指名料が違ったりします。



尺八(シャクハチ)

:フェラチオのこと。陰茎を口に含んでいるところが尺八を吹いているのに似ていることから由来。

ちなみに尺八ほど大きい陰茎を持ってる男性は少ないです。



写真指名(シャシンシメイ)

:主にフーゾク店などでキャストの写真を見て指名すること。たいていの場合別に料金がかかる。

ちなみに無店舗型が中心な昨今ではネット指名と同義です。



射精産業(シャセイサンギョウ)

:いわゆるセックス産業のことで、男性が女性から性的サービスを受けることでお金を受け取る商売の広範囲を指す。

ちなみにきわどいメンズエステなどは射精産業とは言いません。



シャワー待ち(シャワーマチ)

:店舗型のお店でシャワー室が空くのを待つこと。店舗型のお店が少なくなった昨今ではあまり経験することが無い。

ちなみに店によってはシャワー室の前にカメラがあってそこでシャワーの空き状況を確認しています。



手淫(シュイン)

:自らの手で性器を刺激して淫らなことをすること。同:オナニー、自涜、自慰

ちなみに男性の90%以上はオナニーをしています。



獣姦(ジュウカン)

:人間と動物が性行為をすること。主に犬との絡みが多いが馬や羊との行為もある。AVなどでは主に女性が動物とするパターンが多い。

ちなみにこの行為は宗教上タブーとされているのがほとんどです。



自由出勤(キユウシュッキン)

:キャストの出勤スケジュールを自由にしていること。特にシフトなどが無く出勤したい日に出勤するというもの。

ちなみに自由退勤するキャストも多く存在します。



18禁(ジュウハッキン)

:18歳未満は使用、利用禁止という意味。18歳未満なので18歳はOKである。

ちなみに18歳では競馬は駄目ですがパチンコはOKです。



熟女(ジュクジョ)

:塾年期の女性のこと。一般的には30〜40代の女性を指す。昨今は空前の熟女ブームでフーゾクやキャバクラでも熟女専門店が多数存在している。ただ、一般的なヘルスに比べて料金が安く内容もハードなことが多いのでキャストさんの負担は大きい。

ちなみに昨今では50代以上の熟熟女店なるものも存在しています。



出張エステ(シュッチョウエステ)

:デリバリーエステのこと。客の自宅や宿泊しているホテルにキャストを派遣して性的サービスを行う。大抵の場合、ヘルスのようなリップサービスは無く手コキによるフィニッシュが一般的。もちろん本番も無い。

ちなみに昨今ではエステの後にヘルス行為があるハイブリッドエステが人気です。



出張ヘルス(しゅっちょうへるす)

:デリバリーヘルスのこと。自宅や客が宿泊しているビジネスホテル、ラブホテルににキャストを派遣して性的サービスを行う。デリヘルと略して呼ばれることもある。1996年の風営法改正で「無店舗型性風俗特殊営業第1号」として誕生した。以前にも派遣型ヘルスは存在したが、違法であった。現在の風俗はほとんどがこのデリバリーヘルスである。

ちなみに出張エステの場合は風俗店と非風俗店に分かれます。



春画(シュンガ)

:性行為の様子を描いた絵画。江戸時代に書かれたものがほとんどである。

ちなみに昨今では文化的価値が認められて春画の展覧会なども開催されています。未成年は入場できませんけど。



小陰唇(ショウインシン)

:女性器のクリトリスから膣口の間にあるヒダヒダのこと。

ちなみに女性によって黒んずていたりピンクっぽかったりします。セックス回数とは無関係です。



女王様(ジョウオウサマ)

:いわゆるSMの世界でのS側の女性のこと。

ちなみに基本的に女性はMです。



場内指名(ジョウナイシメイ)

:キャバクラやセクシーパブなどで、場内にいるキャストを指名すること。場内指名でも2回目以降同じキャストを指名すると本指名になる。

ちなみに初回の場合場内指名は無料なお店が多いです。



情報喫茶(ジョウホウキッサ)

:繁華街にあって、キャバクラや風俗店を紹介してくれる案内所のこと。実際に安くなることもあるし、お店選びに迷ったら利用するのもあり。

ボッタクリのお店がほぼ無いのも安心できる。同:無料案内所

ちなみに昨今ではヌキありのヘルス店などはパネルではなく案内所のPCで探すのがほとんど。地域差によっては完全不可だったりします。



ショート(しょーと)

:短いプレイ時間のこと。ショートコースの略。ショート客は基本的にキャストにあまり喜ばれる客ではない。反:ロング

ちなみにショートな客ほどプレイマナーが悪い傾向にあります。



女子高生パブ(ジョシコウセイパブ)

:キャストが女子高生のコスプレをしながら接客するパブやキャバクラのこと。似たような業態では現役女子大生が働いているというシツエーションのキャンパスパブなどがある。

ちなみにJKビジネスは未だに人気があるが摘発リスクもそれ以上に高いです。



処女(ショジョ)

:性行為を一度も経験したことのない女性のこと。一般的に、処女には価値があるとされている。反面、童貞は恥ずかしいものという風潮がある。

ちなみに昨今では30歳を超えても性行経験がない女性も増えているそうです。



処女喪失(ショジョソウシツ)

:処女でなくなること。つまり女性がセックスを初めてすること。

ちなみに昔は処女に高い価値が認められていたから「喪失」というみたいです。



処女膜(ショジョマク)

:処女の女性の膣の入り口にある膜のこと。セックスを初めてするときにペニスの挿入で徐々に裂けて出血する。

ちなみにこの膜を再生する手術があるとかないとか。



女性上位(ジョセイジョウイ)

:女性が男性の上から挿入する体位。正常位の男女が逆さまになった状態。

ちなみにMっ気がある男性はこの体位が好きである。



女装(ジョソウ)

:男性が女性の衣服を身に着けたり化粧をして楽しむ行為。昨今では女装喫茶と呼ばれる、女装愛好家が集まるお店もある。

ちなみに昨今では女性が男性の格好をする男装バーや男装カフェなどもあります。



女装子(ジョソコ)

:女装をしている男の子のこと。実際に男性が好きで女性の格好をしている場合もあるが、昨今ではコスプレ感覚で女装を楽しむノンケの男性も増加しているので、なかなか定義付けが難しい。

ちなみに昨今では女装子AVなども人気があります。



初夜(ショヤ)

:結婚して初めてセックスする夜のこと。昔であれば結婚するまで処女を守る的な風潮があったため、神聖なイメージでしたが性に対してオープンな昨今ではあまり特別な意味はないと思われる。

ちなみに初夜がいきなりアナルセックスだったという夫婦も存在します。



女郎(ジョロウ)

:売春婦のこと。

ちなみに男性が男性に体を売るのは売り専(ウリセン)と呼びます。



地雷(ジライ)

:キャバクラやフーゾク店などでヒドイ接客をするキャストや容姿の醜いキャストのこと。踏んだら爆発してしまうくらい酷いことから由来。地雷を楽しめるくらいになればなかなかの玄人である。

ちなみに地雷専門の風俗店も存在していて人気です。



尻軽(シリガル)

:相手を選ばずセックスをする女性のこと。尻軽女とも呼ぶ。

ちなみに昨今ではあまり使わない言葉である。



素人(シロウト)

:水商売やフーゾクで働いたことがない女性のこと。ヘルス店などでは好まれる傾向にある。素人系ヘルスなどがある。

業界を知らない無垢なキャストに教え込んだり、自分好みに調教できるから人気。とはいえ、昨今では素人も玄人も変わらないほど性的な経験は高い。

ちなみに昨今では風俗で働いたことが無いが援助交際はしたことがある素人援交が人気である。



素人童貞(シロウトドウテイ)

:玄人の女性とはセックスをしたことがあるが、素人とはしたことがない男性。ただ、昨今のようにフーゾク従事者が多い状況だと隠れ素人童貞も多いような気がする。付き合っている彼女が現役もしくは元フーゾク嬢なんてことは普通にある。

ちなみに逆にプロと性行したことがないのは玄人童貞である。



白黒ショー(シロクロショー)

:ストリップで男と女が踊ったり性行為をみせるショー。幕を引いてまるで影絵のようにショーをみせるために白黒と呼ばれる。

ちなみに幕を引いているのは当局に対する遠慮からである。



真珠入り(シンジュイリ)

:ペニスの包皮の部分に真珠を埋め込んだ状態。突起が女性の膣内で刺激になって快感と言われているが、あまり良い評判は聞かない。

ちなみに女性ではクリトリスにピアスをしてより敏感にする人もいます。



新宿二丁目(シンジュクニチョウメ)

:ニューハーフやオカマの方々が好んで密集する飲み屋街。いわゆるオカマのメッカである。昨今はノンケの人も興味本位で多く訪れている。

ちなみに新宿2丁目は日本最大のゲイ街である。昨今は女性客の姿もよくみます。



新人(シンジン)

:飲み屋やフーゾク店などに入って間もないキャストのこと。ただ、そのお店で新人であるだけであって業界自体未経験という意味ではない。フーゾク店では新人割引きというのがありそれを目当てに来店するお客様も多数いる。

ちなみにヘルス店では未経験の新人さんが断然人気があります。



真性包茎(シンセイホウケイ)

:ペニスの包皮が通常時も勃起時も剥けないこと。常に亀頭が露出していない為非常に不衛生でばい菌もたまり易い。真性包茎の場合は保険の対象となるので早期の治療をオススメします。

ちなみに日本人男性の半数は仮性包茎であると言われている。



新地(シンチ)

:遊郭が新たに作られるときにそのほとんどが新たな地に作られたことから遊郭のことを新地と呼んだ。今でも飛田新地などその名残のあるところもある。

ちなみに今では新しく風俗街が作られるということはほとんどありません。



スカウト(すかうと)

:元々は街ゆく女性に声をかけてキャバクラやフーゾクなどで働かないか勧誘する動詞的な使われ方がほとんどであったが、昨今ではスカウトマンのことを単にスカウトと名詞的に呼ぶこともある。

ちなみに昨今では各県で条例が施行されスカウト行為自体が違法である。



スカウトマン(すかうとまん)

:街ゆく女性に声をかけてキャバクラやフーゾクなどで働かないか勧誘する職業の人。昔はスカウトマンの仕事は単に女性をお店に斡旋するだけでは無く、悩みやグチを聞いて女性の管理も行っていたが昨今では斡旋したらあとは知らぬ存ぜぬで通すスカウトマンが多い。

ちなみにスカウトマンを多数集めたスカウト会社とうのも存在します。法的にはグレーゾーンです。



スカトロ(すかとろ)

:人の糞尿や嘔吐物を使って性的な行為を楽しむこと。塗りたくったり、口に含んだり食べたりするプレイ。アブノーマルなプレイも寛容になってきている昨今であるが、この一線はなかなか越えられないという人は多い。

ちなみに風俗でこれを経験するにはSM系のお店になります。



スキーマ腺(スキーマセン)

:女性器の内部にある分泌腺のこと。いわゆる潮吹きはこの腺から出ているといわれている。男性で言えば前立腺に該当する。

ちなみに男の潮吹きは回春マッサージやM性感などで経験できます。



スキン(すきん)

:コンドームのこと。

ちなみに日本でのスキンの使用率は右肩下がりである。



スケベ椅子(スケベイス)

:潜り椅子と同義。椅子の前後が空洞になっていてそこからキャストが出たり入ったりできるような椅子。潜り洗い用の椅子。

ちなみにこの椅子の他の用途は判明していません。



すすきの(すすきの)

:北海道札幌の大歓楽街。所狭しと飲み屋やフーゾク店が立ち並んでいる。ソープランドの数は吉原、中洲、と並んで多くある。

ちなみにすすきのではセクシーパブのことをキャバクラと言います。



捨て看板(ステカンバン)

:道路の脇や電信柱の陰に立てかけてある宣伝看板で、主にキャバクラなどの飲み屋やフーゾク店などが記載されている。違法行為なので、ボッタクリ店の可能性もあるのでご注意を。ただ、昨今では当局の規制が厳しくあまり見られなくなった。

ちなみにお店の看板を背負いながら路上に立っていたり歩きまわるのは違法ではありません。



ストリップ(すとりっぷ)

:主に女性が裸になって舞台上でダンスをしたり自慰行為をしたりするショーのこと。

ちなみにストリップは厳密にいうと猥褻物陳列罪や公然猥褻にあたるらしいです。



スパンキング(すぱんきんぐ)

:性行為の相手方のお尻を叩くこと。平手で叩いたり、鞭などの道具を用いて叩いたりもする。

ちなみにスパンキングの痕に興奮する人もいます。



スペルマ(すぺるま)

:精液のこと。最近はあまり使われない。

ちなみに精液と言えば圧倒的にザーメンと呼ぶ人が多いです。



素股(スマタ)

:ヘルス店などで客のペニスを股に挟み込み手を添えてあたかも本当に挿入しているかのように感じさせるプレイ。本番がNGのフーゾク店では基本のプレイといって良いほど盛んである。ただ、素股はまずプライベートですることがまずないので講習をしっかり受けないと難しい。この為キャストによっては素股よりこっそり本番プレイをしてしまう。

ちなみに素股にも体位がって基本は騎乗位です。



スワッピング(すわっぴんぐ)

:男女のカップルがお互いの性行為の相手を交換しながらセックスをすること。より大規模で行われるスワッピングパーティーなども開催されている。ちなみに自分のパートナーが犯されるのをみないとイケない人もいるそうです。



寸止め(スンドメ)

:射精をしそうになる瞬間に手コキやフェラチオを止めて発射させないこと。何度も我慢を重ねることで性感がたかまり、いつもより快感の強い射精ができる。射精したいのに射精させてくれないというシツエーションがMっぽい人にはたまらない演出である。

ちなみに寸止めをしまくった後の射精はとても気持ち良いです。



生活安全課(セイカツアンゼンカ)

:キャバクラやフーゾク関係の取り締まりを管轄している課で、お店をオープンさせたりするときには許可や届け出を受理する。

ちなみにパチンコ屋の開業や新装開店の時にもここの人たちが権限を握っています。



性感染症(セイカンセンショウ)

:性行為を通じて感染する病気のこと。代表的なのはクラミジア、性器ヘルペス、ケジラミ、淋病、梅毒、HIVなどである。ほとんどの性病はコンドームで事前に予防できるので病気に感染したくない方は使用の徹底を。

ちなみに最近では若い女性が性病に感染する割合が増えているらしい。



性感帯(セイカンタイ)

:性的快感を得られる体の箇所のこと。人によって様々。フーゾク店などで思わぬ所を舐められたりして新たな性感帯を発見することはよくあることである。

ちなみに目玉(眼球)を舐められるのが快感な人もいるそうです。



性感マッサージ(セイカンマッサージ)

:ヘルスなどとは違って粘膜同士の接触が少ない性的サービスを提供する業態のフーゾク店。オイルやパウダーで性感帯を刺激したり、前立腺マッサージなどを行う。もちろん本番はない。最近はMのお客向けのM性感というジャンルのお店も流行している。

ちなみに最近では性感ヘルスと性感マッサージが同じような意味で使われることが多い。



性器ヘルペス(セイキヘルペス)

:性感染症のひとつで、性器に湿疹や発疹ができる。それが潰れると激痛を伴う。一度感染すると完治が難しく、再発の恐れが多々ある。

ちなみに口内にできるヘルペスは性病ではありません。



生休(セイキュウ)

:フーゾク店のキャストが生理で欠勤すること。昨今ではそれを避けるため生理でも働けるソフトサービス店とヘルスを掛け持ちするキャストもいる。

ちなみに膣内にタンポンを入れて仕事をするタフな女の子もいます。



正常位(セイジョウイ)

:性行為の基本の体位。女性が仰向けで股を開きその上に男性がまたがって挿入する。密着感が高いのと相手の顔が見えること、キスもしながらできることなど全てにおいて優れている体位。

ちなみに正常位で性行為をする動物は人間だけらしいです。



青少年保護育成条例(セイショウネンホゴイクセイジョウレイ)

:青少年にとって良好な環境を整備し青少年の健全な成長を阻害する恐れのある行為を防止し、もって青少年の健全な育成を図ることを目的とする条例。18歳未満の青年とセックスや口淫を法的に禁止されている。

ちなみに最近では勃興するJKビジネスとのいたちごっこの法改正が日々行われています。



聖水(セイスイ)

:尿のこと。いつからこの名称で呼ばれたかは不明だが、この名前を付けた人はすごいネーミングセンスの持ち主だと思います。フーゾク店では聖水プレイというのがあって、キャストの尿をかけられたり飲んだりという場合と、逆にお客の尿をキャストに飲ませたりする飲尿プレイというのもある。

ちなみにお風呂場以外でやろうとするとかなり大変なことになります。



精巣(セイソウ)

:いわゆる金玉のことである。精子を作る器官。

ちなみに暑いと垂れ下がり寒いと縮まるのは精子を極端な温度変化あら守る為らしいです。



精通(セイツウ)

:射精を初めてすること。つまり女性を妊娠させられる身体になったという証である。女性で言えば初潮にあたる。ただ、初潮はお祝いをされる対象で赤飯などを炊くこともあったが、男性に関してはあまり表立って発表されない。

ちなみに物事についてとても通じていることにも使います。



生理休暇(セイリキュウカ)

:フーゾク店のキャストが生理になってしまった為に仕事を休むこと。とくにソープでは仕事にならないが、ヘルスではタンポンを入れて仕事をする強者も多数存在する。

ちなみに生理休暇でも罰金を取るような酷いお店も存在します。



セクキャバ(せくきゃば)

:セクシーキャバクラの略。下着姿のキャストを相手にお酒を飲むが、その最中に胸を触ったり、トップレスになってくれたりする。キスも大体のお店では可能。下のお触りは基本的には禁止。抜きも無い。常にお触りOKなお店とサービスタイムのみお触りが可能なお店が存在する。

ちなみにセクキャバは風俗(ヌキがないという意味で)ではないが太ってさえいなければとても稼げる業種である。



セクシーパブ(せくしーぱぶ)

:セクキャバと同義。下着姿のキャストを相手にお酒を飲むが、その最中に胸を触ったり、トップレスになってくれたりする。キスも大体のお店では可能。下のお触りは基本的には禁止。抜きも無い。常にお触りOKなお店とサービスタイムのみお触りが可能なお店が存在する。

ちなみに本来パブは風営法上隣に座って接客(接待)してはいけなません。



セクシャルマイノリティ(せくしゃるまいのりてぃ)

:性の対象が一般の人とは異なる人のこと。ゲイ、レズ、バイセクシャル、トランスジェンダーと呼ばれる人達。

ちなみに昨今のように性の多様化が進むにつれて蔑視は薄れてきているように感じます。



セクハラプレイ(せくはらぷれい)

:セクハラを疑似的にプレイすること。イメクラなどでは上司が部下にセクハラをしたりするプレイがある。オプションでコスチュームも付ければ準備万端である。

ちなみに今時は必ずしも男性が女性にセクハラするとは限らず女性が男性にする場合も多くあります。



女衒(ゼゲン)

:遊郭などで働く女性を見つけて口説いたり、その管理を行う職業。今でいえばスカウトマンにあたるだろうか。

ちなみに昔の女衒のようにこと細かく女性をケアする(できる)スカウトマンは大分減ったと言われています。



舌技(ゼツギ)

:舌を使った性的な技術のこと。ディープキスや乳首舐め、フェラチオ、アナル舐めなど。

ちなみに舌でサクランボの苗を結べる女性はフェラが上手いらしいです。



セックスフレンド(せっくすふれんど)

:セックスをするだけの男女の間柄。決して付き合っているわけでは無い。ただ、一方にとってはセックスフレンドであってももう一方においては真剣交際というパターンも考えられる。略してセフレとも言う。

ちなみにヤリ友とも言います。



セックスレス(せっくすれす)

:主に夫婦間においてセックスをしていない状態。日本の夫婦は諸外国に比べてこの状態に陥りやすいと言われている。

ちなみに未婚のカップルでもセックスをほとんどしないまま交際する人々も増加しています。



舌上発射(ゼツジョウハッシャ)

:精子を舌の上に発射すること。イク瞬間は手コキになってしまうが、発射の瞬間が見られるので視覚的興奮は大きい。

ちなみに舌上発射後のディープキスはちょっぴり複雑な気分になります。



絶頂感(ゼッチョウカン)

:いわゆるエクスタシーのことで、性的な興奮が最も高くなった瞬間。

ちなみに風俗で働いている女性のプレイ中のこれはほとんどが演技である。



セフレ(せふれ)

:セックスフレンドの略。

ちなみにオールシーズン募集しています。



前戯(ゼンギ)

:性行為、主に挿入の前に行う愛撫のこと。これがないと女性に嫌われます。

ちなみに挿入よりこちらの方が好きな女性も多々おります。



尖圭コンジローム(センケイコンジローム)

:性感染症のひとつ。ヒト乳頭腫ウイルスによって感染する。主に性器や肛門の周りに細長いイボ状の突起ができる。症状が進行するとまるでカリフラワーのように大きく、固くなる。見た目の衝撃もそうだが、治癒は電気メスを使ったりドライアイスで焼くというものがあり痛みも伴うので最も感染したくない性病のひとつである。また、完全に除去していないと再発症の可能性もある。

ちなみにこれの写真はとてもグロいので見ないことをオススメします。



前日予約(ゼンジツヨヤク)

:フーゾク店などで前の日から予約を入れること。大抵の場合は人気のキャストやお気に入りのキャストに入りたい為の手段である。お店によってはVIP会員でないと受付けないところもある。

ちなみに風俗で遊ぶのが上手な人ほど予め予約をします。



全身舐め(ゼンシンナメ)

:フーゾク店でキャストが客の全身をくまなく舐めまわすこと。これをやって貰うのもフーゾク店の醍醐味である。同:全身リップ

ちなみに逆に彼女や奥さんにやってあげても気持ち悪がられるのが関の山です。



全身リップ(ゼンシンリップ)

:フーゾク店でキャストが客の全身をくまなく舐めまわすこと。これをやって貰うのもフーゾク店の醍醐味である。同:全身舐め

ちなみに嬢によってどこまで舐めてくれるかかなり差の出るサービスでもあります。



センズリ(せんずり)

:男性の自慰行為のこと。センズリをこくという風に使われる。

ちなみに千回擦るからセンズリと言うようになったらしいです。



潜望鏡(センボウキョウ)

:主にソープなどで、キャストと客が向かい合って湯船に浸かり、客は腰を浮かせた状態でペニスを水面に出す、そのペニスをキャストがフェラチオするというプレイ。ペニスが潜水艦の潜望鏡のように見えることからこう呼ばれる。

ちなみにこの技を女性にやろうとすると結構大変です。



前立腺(ゼンリツセン)

:男性の射精を促す分泌腺のことで、肛門から指を入れて約3センチほどのお腹側にある。ここを刺激することで普段より快感が得られる。

ちなみに前立腺は男性にしかありません。



前立腺マッサージ(ゼンリツセンマッサージ)

:元々は前立腺肥大の解消として医者がマッサージをしていた。これをフーゾク店、主に性感マッサージのお店が取り入れて流行している。また、前立腺をマッサージすることで射精せずにオーガズムに達することができるが個人差が大きい。

ちなみに前立腺マッサージが好きだからといって男性に掘られるのが好きとは限りません。



添い寝(ソイネ)

:フーゾク店などで、キャストが客の隣に寝転がり体を寄せること。ヌキがないお店ではこれに特化してるお店もある。女子高生を雇って添い寝や軽いマッサージをさせているJKリフレと呼ばれるお店が流行しているが、警察のさじ加減でどうにでもなるので非常に不安定な業態である。

ちなみに2017年現在合法のJKリフレは存在しなくなりました。



総額(ソウガク)

:ソープでは通常受付でまず入浴料というのを支払って、実際にキャストと対面してからサービス料というものを支払う。この二つを足した総額のことをこう呼ぶ。サービス料はそのままキャストの給料になるのがほとんどである。

ちなみにファッションヘルスやデリヘルなどでも総額と呼ぶことがあるが、これ以上料金がかからないという意味合いで使用されます。



送迎(ソウゲイ)

:ソープランドでお客の送り迎えをするサービス。通常は高級車で迎えにくることが多いので駅前などで待っていると目立って恥ずかしい。

ちなみに吉原は最寄りの駅でも徒歩20分以上かかる場所にあります。



相互鑑賞(ソウゴカンショウ)

:カップル同士がお互いの性行為を鑑賞しあうこと。これによりお互いとも刺激のあるセックスをすることができる。

ちなみに最近ではネットの掲示板などで露出場所を告知したりパートナー交換を募ったりしています。



早朝営業(ソウチョウエイギョウ)

:ファッションヘルスやソープなどで早朝から営業すること。法律上は日の出からの営業が許されているが、基準はあいまい。早朝の場合は日中よりかなり安くプレイできる為、節約したいけどヌキたい人には推奨。

ちなみにピンクサロンでも早朝割引を開催しているお店は多いです。



早漏(ソウロウ)

:セックスの際に実際に挿入してからすぐに射精をしてしまう人のこと。ただ、客観的なデータがあるわけではないのでどこからが早漏なのかは不明確。一般的には早漏はあまり喜ばれないが、その分前戯や手技を磨けば何とかなる。問題なのは早漏とか遅漏ではなくどれだけパートナーを悦ばせられるかである。

ちなみにすぐに仕事を終えることができるのでフーゾク嬢には早漏は大人気である



ソープ(そーぷ)

:ソープランドのこと。法律上は個室の高級サウナで、異性に接触しながらサービスをするということになっている。そこでの本番行為はあくまでその場の男女が恋に落ちて自然にやってしまうという建前。

ちなみにソープランドの新規開業は実質不可能です。



ソープランド(そーぷらんど)

:法律上は個室の高級サウナで、異性に接触しながらサービスをするということになっている。そこでの本番行為はあくまでその場の男女が恋に落ちて自然にやってしまうという建前。同:ソープ

ちなみにソープランドは改築すると新店舗扱いになってしまうので改築すらできません。



即尺(ソクシャク)

:キャストと対面するなりシャワーも入らずフェラチオをすること。昔は高級ソープ店でのサービスであったが、昨今では普通のヘルス店などでも取り入れているサービスである。衛生的には問題だらけで、普通のサービスでは稼げない人妻や熟女系のお店に多い。女性の裸のインフレが起こした悲劇の結果と言えよう。

ちなみに即クンニさせてくれる即クンニ店もあります。



即々(ソクソク)

:即尺と即ベッドのこと。主にソープなどで、部屋に入ってシャワーの前にフェラチオをしてそのままベッドでのセックスになるというサービスのこと。

ちなみにお店によっては即々店を謳っていながら事前にシャワーを浴びることが条件なこともあります。



即ベッド(ソクベッド)

:シャワーを浴びる前にベッドでセックスをすること。

ちなみにヘルス店での即ベッド(この場合はヘルスプレイ)はあまり聞いたことがありません。



租ちん(ソチン)

:粗末なペニスのこと。自らのペニスを謙遜し使うこともある。

ちなみにソープなどの本番系風俗は粗チンの方が喜ばれます。



外出し(ソトダシ)

:セックスの際に射精の寸前に膣からペニスを抜き女性の体外で射精をすること。お腹に出したり口に出したり顔に出したりと人それぞれである。

反:中出し

ちなみにタイミングを見誤ると大変なことになります。



ソフトSM(ソフトエスエム)

:本格的なSMと異なり手加減しながら縛ったり鞭を打ったりなどする。本当にSMが好きというわけではなく、マンネリ化を避ける為に行うことが多い。フーゾク店でも一般的なプレイになりつつある。

ちなみに昨今ではソフトM性感なんてのもあります。



ソフトサービス(そふとさーびす)

:いわゆる生フェラやリップサービスなどがないサービス内容のことであるが、その明確な基準はない。一般的には手コキのみのフィニッシュサービスがあたるが、胸へのタッチが有りか無しかまたは客への乳首舐めが有るか無いかで判断は分かれる。

ちなみにソフトサービス店だからといって必ずしもルックスが抜群なキャストだけいるとは限りません。











[0] ホームへ戻る

メニュー
本日の出勤 明日の出勤
明後日の出勤 キャスト一覧
最新ニュース 料金システム
求人情報 メルマガ登録
ホテル案内
メール予約
お問い合わせ サイトマップ

【営業時間】17:00-LAST

TEL:03-6907-0639

Copyright(C)池袋 回春 風俗【エステ屋女将のひざまくら】